万一架空請求が来たら

架空請求が来たら

万一架空請求が来たら

架空請求というのは、覚えのないところから支払い請求書が届くことで、出会い系サイトでは過去に有料サイトなどから送られることがあり、問題となったことがありました。
しかし最近では、悪徳業者のほうもこの手法を使うケースが減ってきているのでしょう。というのも請求を受ける側は消費者センターから基本的に無視して構わないと指導されますし、裁判所を通じて支払督促,少額訴訟を行なってもほとんどのケースで業者側が敗訴となるからです。

 

しかしオレオレ詐欺のような手法がいまだまかり通っているわけですから、架空請求が完全になくなったとは考えられません。悪質サイトと思わしき出会いサイトや高額サイトを利用しなければいちばん良いわけですが、登録して多少でも利用した場合は、架空請求に対する対処法も知っておいたほうが良いでしょう。

 

まず完全におぼえのないものは、無視することがひとつの対処法となります。身に覚えのないものが届いたからと言って、わざわざ相手に連絡をとる必要もありません。こうしたサービスの請求というのは、利用者がそれだけの料金がかかることを了解して利用している場合に効力をもつものです。状況によっては微妙なものもあるでしょうが、業者が裁判所を通じて申し立てを起こすまでは(つまり裁判所から呼び出しがあるまでは)身に覚えのない詐欺として無視(こちらから連絡をとらない)しておきましょう。

 

そして同時に、自治体が運営している消費者センターに相談してください。消費者センターではこうした架空請求に関する相談を多数受けていますので、的確な対処法をアドバイスしてくれますし、こうした業者にも連絡してくれます。

 

裁判所からの支払督促,少額訴訟の呼出状等が届いた場合も、自治体の消費者センターが相談窓口となります。まず裁判所からの支払督促,少額訴訟の呼出状が、本当の裁判所からのものであるかどうかを確認しますが、これも消費者センターで判断してもらえます。

 

本当の裁判所からの通知ではないと確認された場合は無視して構いませんが、発送元・連絡先が本当の裁判所であると確認できた場合は、支払督促を受け取った日から2週間以内に,裁判所に対して「督促異議の申立て」を行う必要がありますし、少額訴訟手続の場合は、指定された期日に裁判所に出頭し、それに先立って「答弁書」を提出しておく必要があります。

 

「督促異議の申立て」や「答弁書」の作成には法律の専門家の力を借りなければなりませんが、例外的な事案を除けば最終的には架空請求と判断され業者側が敗訴となりますから、消費者センターの指示を守り落ち着いて対処してください。

架空請求が来たら関連ページ

出会い系サイトの選び方
出会い系サイトの選び方というのは、悪質なサイトを選ばない方法といいかえることができます。
悪質サイトのサポートについて
優良サイトと評価されているところでも、電話でのサポートをしていないところもありますので、表向きには、悪質サイトのほうが、サポート体制が良いように思えることもあるということです。
有名タレントをイメージモデルに
最近非常に元気なイククルもタレントやモデルなどを起用するのがとても上手です。
出会い系のサクラとは
一般的に出会い系でサクラというのは、女性会員を装って男性会員を騙しているわけです
メールレディ型サクラ
メールレディ、つまりサクラがやることは、男性へ好意的なメールを送信し、男性が何度も返信したくなるメールをひたすら送り続けます。
高額サイト誘導系サクラ
高額サイト誘導系サクラは、ポイント消費型サクラよりも見分けやすいので、冷静に対処できれば被害を避けることができます。
サクラを見分ける
唯一注意するべきポイントがあるとすれば、どの時間帯でもメールレスポンスが早いという人です。
援助交際の罠
悪質なサイトの運営者が、女性を雇って援交をさせるようなフリをして、現場で男性からお金だけを巻き上げるという手口がよく見られます。
女性会員をターゲットに
男性会員が注意するべき高額サイトは女性会員にとっても注意するべきサイトと考えておいたほうが良いということです。
写メコンで出会い?
写メコンテスト、通称写メコンは、そのサイトの会員であれば誰でも参加できるもので、地域別、男女別に人気投票が実施され、上位入賞者にはインセンティブが付与されます。
年齢確認と会員登録

ホーム RSS購読 サイトマップ